付属校3校が合同で「カリフォルニアEIT研修」を実施

第一、第二、女子高等学校の付属3校は、2004年7月16日から24日間の日程でカリフォルニア州立大学ヘイワード校(CSUH)でのALP(American Language Program)とIT講義を中心に据えた海外研修を行った。この研修はカリフォルニアEIT(English & IT)と呼ばれ、ヘイワード校ALPでの「英語研修」と「シリコンバレーの大学で学ぶIT技術」を表したもの。

この研修の最も特徴的な面は、フルにIT技術を用いて構成されている点にある。現地研修に先立つ2004年4月から、事前研修として法政大学がシリコンバレーに設置しているアメリカ研究所と東京・吉祥寺の第一中高PC教室を遠隔講義システム(TV会議システム)で結んで、現地で交流予定のカリフォル ニア・ミルズ高校の生徒達とお互いの語学交換交流やIT研修を重ね、また、現地での研修最終日(日本時間8月7日)には、アメリカと法政大学九段校舎の国際遠隔講義室とを結んだ「成果発表会」を公開で行った。

こうした試みには法政大学が完備する高速大容量のLANシステムやITセンター、アメリカ研究所の積極的協力が不可欠で、大学と付属校の協働が機能した例と言える。同時に、成果発表会を公開で行ったことは教育の公開と言う点で「開かれた法政大学」の一翼を担う付属校のありかたを示したと言える。

初の試みが多く、洗練の余地も残されるEITだが、受験勉強にとらわれることなく多様な個性を伸ばし、法政大学のコアとなる人材を輩出する付属校として、付属のメリットを生かした新たな試みを始めている。

極めて内容が濃くハードな研修だったが、参加生徒達は研修プログラム終了後の9月以降もミルズ高校との交流を続けたいと希望し、現在も第一中高とアメリカを遠隔講義システムで結んだテレビカンファレンスを継続している。

  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22