情報技術(IT)研究センターが春季集中セミナー「NET SHOOT」を開催

3月26日(月)から28日(水)の3日間、情報技術(IT)研究センターでは、九段校舎1階遠隔講義室1において、春季集中セミナー「NET SHOOT―英語で学ぶPCのトラブルシュート3日間完成-」を開催しました。

このセミナーは、アメリカ・ニューヨークにある英語とITの専門学校PC TECHから講師を招き、今年日米同時出版の予定の『NET SHOOT』と題するテキストを使用して、コンピュータで起こるさまざまなトラブルシュートを、IT関連の知識を掘り下げるといった理論中心の内容ではなく、実習中心に英語で学ぶというものです。

セミナーには本学学生18名が参加し、ウィルスソフトの設定方法や活用方法、コンピュータを効率的に使うためのカスタマイズの方法、さまざまな種類のファイルのコンバート、圧縮ソフトの設定と活用方法、LANなどのネットワーク上に起こるさまざまなトラブルの解消方法など、大学の授業では学ぶことのできない、家庭やオフィスのパソコン操作で日常的に起こるさまざまなトラブルを解決する知識と技術を、基礎から中級程度まで学びました。

講師はPC TECH校長で、ニューヨーク州教育庁公認講師であるRitin Kanchan氏が務めました。3日間にわたって10時から17時まで英語による授業が行われるというハードなスケジュールでしたが、学生たちは皆熱心に受講し、最終日には修了証が各人に渡されました。参加学生の多くが、大変参考になったと感想を述べていました。

  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22