2010年度事業報告

2010年度は、前年度のプロジェクトを継続発展させることを基本とし、以下6プロジェクトをプロジェクトディレクターが統括する体制で実施した。

プロジェクト実施概要について

プロジェクト1 : IT研究分野の研究
プロジェクトディレクター : 岩月正見 工学部教授

マルチメディアシステム、画像処理工学、ロボット工学、通信・ネットワーク工学、生体工学分野の学術的研究を進め、研究論文発表・学会講演などを行った。各国の研究機関との国際的連携による共同研究を進めた。


国際共同研究プロジェクト
  1. Sakai Project(プロジェクト統括:八名和夫理工学部教授)
    多言語化開発:日本語・中国語・ベトナム語
    出席管理システム開発(ICカード対応化等)
    Sakai Conferenceへの参加:6月14日~ 17日(米国・コロラド州デンバー)
  2. Second Life Project(プロジェクト統括:小林尚登デザイン工学部教授)
    平成22年度中世文学会春季大会における能楽研究所バーチャルミュージアムに関する成果発表・展示:5月28日~5月30日(法政大学市ヶ谷キャンパス)
    DET2010において本プロジェクトに関する研究発表実施:10月14日~10月16日(米国・イリノイ州シカゴ)
    この他、㈱日立製作所と産学連携の研究プロジェクトの可能性を探るべく、勉強会も実施
  3. 能楽研究所、IT研究センターとの国際共同プロジェクト(プロジェクト統括:山中玲子・能楽研究所教授)
    能面3Dギャラリー for iPadの開発
プロジェクト2 : ディスタンスラーニングプログラム
プロジェクトディレクター : プロジェクトディレクター:八名和夫理工学部教授

インターネットを用いた遠隔講義の実施・支援のための各種システムの技術開発を行うとともに、国際的な遠隔教育プログラムを以下のとおり企画・推進・実施した。

  1. デザイン工学部公開科目
    1. マーケティング (Marketing Principles) :4月10日~7月10日
    2. 国際社会論 (Business and Society) :4月10日~7月17日
    3. 財務会計 (Financial Accounting):9月25日~1月8日
  2. Hosei-UCD Course Exchange Program:
    前期:4月8日~6月10日
    後期:9月24日~12月10日
  3. 国際遠隔講座:福祉工学: 9月23日~1月13日
    *日付は何れも日本時間
  4. 自動講義録画・配信システム(Opencast)開発プロジェクト

マーケティング

国際社会論

アカウンティング

福祉工学(市ヶ谷キャンパス)

福祉工学(小金井キャンパス)

福祉工学(多摩キャンパス)
プロジェクト3 : 国際会議及び遠隔シンポジウム・セミナーの開催
プロジェクトディレクター : 小林尚登 デザイン工学部教授

国際会議の開催、会議のインターネットによるストリーミング配信、遠隔セッション企画を行った。また、学部、学会等と共同でのシンポジウム・セミナーもアメリカ研究所・法政大学をインターネットで結び実施した。

  1. International Workshop on Distance Education Technology 2010 (DET2010)におけるSpecial Session: 9月14日~16日(米国・シカゴ)
  2. 日米同時開催国際セミナー「ハイテクベンチャーの企業家 vol.4」:9月23日

    日米同時開催国際セミナー

    東京側講師の中町昭人氏
  3. 法政大学アメリカ研究所開設10周年記念セミナー「Traditional Arts with a State of the Art Technology」:1月8日

    司会の小林臨時所長

    増田総長の挨拶

    猪俣総領事による祝辞

    松尾JUNBA会長による祝辞

    会場の様子

    山中教授、武田宗典氏によるワークショップ

    装束、能面を付ける参加者

    Bernard Rothアメリカ研究所理事

    Joshua Young氏

    レセプション会場の様子
プロジェクト4 : プレMBAプログラム実施
プログラムディレクター : 柳沼寿 経営学部教授

アメリカ研究所からリアルタイムで講義の配信を行い、配信した授業内容のデジタルコンテンツ作成・蓄積をIT研究センターと共同で行った。今年度より学部生向け科目へ完全移行。

  1. 配信科目(3科目)
    1. Marketing Principles:4月10日~7月10日(Sakaiを使用)
    2. Business and Society:4月10日~7月17日(Sakaiを使用)
    3. Financial Accounting:9月25日~1月8日(Sakaiを使用)
  2. 新規教育プログラムの開発
  3. プレMBA受講生への進学相談及び現地講座受講にあたっての諸支援
  4. プレMBA講座生の進学状況(単位:名)
    CSUEB 15
    法政大学 3
    他大学(海外) 4
    他大学(国内) 1
    合計 23
プロジェクト5 : K-12バーチャルスクールプログラム
プログラムディレクター : 八名和夫 理工学部教授

ITを活用した初等・中等教育プログラムの開発を行った。

  1. 高校生のための英語とICT研修プログラム(EICT):7月15日~8月6日
    現地滞在先:カリフォルニア州立大学イーストベイ校
  2. 法政大学3付属高校と米国カリフォルニア州Mills高校との遠隔交流会:4月1日、5月8日

ミルズ高校とのVCの様子

現地研修の様子

成果発表会の様子
プロジェクト6 : 社会科学の研究・情報発信の拠点形成
プログラムディレクター : 浅川希洋志 国際文化学部教授

新たに社会科学分野での研究交流及び遠隔教育プログラム開発を行った。フロー理論の教育プログラムへの展開を図り、遠隔講義を含む情報コミュニケーションシステムへの応用に関する研究を行った。

  1. The Quality of Life Research Center(Claremont Graduate University)との共同プロジェクト
  2. フロー理論を活用したEICTプログラム評価

研究論文・学会発表等

  1. Yasushi KODAMA, "Developing a Collective Intelligence System for University Education: A Case of SAKAI." International Workshop of `Innovation Processes Observed:Creation of Technological Leadership through Collective Knowledge Management.',WHU - Otto Beisheim School of Management, 2011年3月
  2. Yoshiyuki Hino, Kazuo Yana, Hisato Kobayashi, Kimiyoshi Hayashi, Yasushi Kodama, Billy Pham, “3D virtual space for a quality e-Learning environment in collaborative study”, Proceedings of the Sixteenth International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 243-248, 2010年10月
  3. Yuki Terawaki, Yuichi Takahashi, Yuji Tokiwa, Yasushi Kodama, Kazuo, Yana, “Towards Integration of Data Base Management System for Open-source Course Management Systems”, Proceedings of the Sixteenth International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 239-242, 2010年10月
  4. Sho Yokota, Hiroshi Hashimoto, Yasuhiro Ohyama, Jin-Hua She, Daisuke Chugo and Hisato Kobayashi,"Distinction of Intention and Improvement of Operation on Human Body Motion Interface" ,Proceedings of IEEE 19th international Symposium on Human Robot Interactive Communication,pp.488  493, 2010年9月
  5. 梶田将司、常盤祐司、児玉靖司、松葉龍一、「第11回 Sakai Conference 参加報告」、第3回情報処理学会CLE研究会、2010年9月
  6. 児玉靖司,日野好幸,“国際遠隔講義におけるSakai CLEの機能向上”,東京理科大学月刊科学フォーラム 通巻315号,2010年9月
  7. 山中玲子,岩月正見,"能の所作の特徴を考える",国際日本学研究叢書13,PP.153-174,2010年8月
  8. Eun-Sook Jee, Yong-Jeon Jeong, Chong Hui Kim and Hisato Kobayashi,"Sound design for emotion and intention expression of socially interactive robots", Intelligent Service Robotics, Springer Co.ltd, Volume 3, Number 3, pp. 199-206, 2010年7月
  9. 山中玲子,「能楽型付の記述ルールの研究(1)」 能楽研究, 第34巻,174-241頁,2010 年

理事会構成

理事長 増田 壽男(法政大学総長)
臨時所長 小林 尚登(法政大学デザイン工学部教授)
理事 徳安 彰(法政大学常務理事)
八名 和夫(法政大学理工学部教授)
松本 孝利(アカデミーキャピタルインベストメント株式会社代表取締役社長)
Bernard Roth(スタンフォード大学教授)
W. Earl Hall(Hall & Associates Inc. President/CEO)
Peter C. C. Wang(元U. S. Naval Postgraduate School 教授)
財務役 辻 信行
秘書役 吉川 欣也

理事会の開催

第14回理事会 2011年1月8日(土)18:30-19:00 (米国時間)
議題 第1号議案 2009年度事業報告及び2010年度中間報告について(小林臨時所長)
第2号議案 2009年度監査報告について(辻財務役)
第3号議案 2010年度事業計画の正式承認及び2011年度事業計画について(小林臨時所長)
第4号議案 取引銀行へのサイナー追加登録について(小林臨時所長)
その他  
出席者 増田壽男理事長、徳安彰理事、小林尚登理事・臨時所長、八名和夫理事、Bernard Roth理事、W. Earl Hall理事、辻信行財務役、吉川欣也秘書役
【欠席】松本孝利理事、Peter C.C.Wang理事

スタッフ

臨時所長 小林 尚登
研究員 Ivan Ho
Billy Pham
事務 戸田 京子
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22