2005年度事業報告

2005年度は、前年度のプロジェクトを継続発展させることを基本とし、以下5プロジェクトをプロジェクトディレクターが統括する体制で実施した。

プロジェクト実施概要について

プロジェクト1 : IT研究分野の研究
プロジェクトディレクター : 岩月正見 工学部教授

マルチメディアシステム、画像処理工学、ロボット工学、通信・ネットワーク工学、生体工学分野の学術的研究を進め、研究論文発表・学会講演などを行った。各国の研究機関との国際的連携による共同研究を進めた。


研究論文・学会発表等
  1. 八名和夫,福多裕志,清原孟,"日米を結んだリアルタイム遠隔授業E-Classの実践",平成17年度全国大学活用教育方法研究発表会予稿集,pp.126-127、2005年7月
  2. 竹内則雄,岩月正見,八名和夫他,"中・高教育におけるマルチメディア化に関する研究",教育システム情報学会30周年記念全国大会講演論文集,pp.23-24,2005年8月
  3. Akira Yonekawa, Hideki Hirano, Daisuke Yoshizawa and Masami Iwatsuki, "A Remote Experiment System on Robot Vehicle Control for Engineering Educations Based on World Wide Web", Proceedings of Frontiers in Education 2005, pp.S3H-23-S3h-29, Oct. 2005
  4. Billy Pham, Kazuo Yana and Hisato Kobayashi, "A Real-time Interactive Distance Education System for a Broadband Internet Environment,"Int. J. Wireless and Mobile Computing, Vol.1, No.1, pp.24-28, 2005
  5. 米川輝,岩月正見他,"通常教室における講義のデジタルコンテンツ自動作成システム",電子情報通信学会技術報告,ET2005-60,pp.19-24,2005年12月
  6. 米川輝,岩月正見他,"遠隔講義システムにおけるチョーク音検出と顔認識を用いた板書画像のブロック化",第38回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集,C-4,pp.159-160,2006年1月
  7. 米川輝,岩月正見他,"通常教室における講義のデジタルコンテンツ自動作成システム",第38回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集,C-5,pp.161-162,2006年1月
  8. 小林尚登,八名和夫他,"時空を越えた教育環境構築の試み",メディア教育研究第2巻第2号,2006年3月
  9. Masami Iwatsuki, Norio Takeuchi, Hisato Kobayashi, Kazuo Yana, Hiroshi Takeda, Hisashi Yaginuma, Hajime Kiyohara and Akira Tokuyasu, Hosei, "Automatic Digital Content Generation System for Real-Time Distance Lectures",International Journal of Distance Learning Technologies, 2006 (to appear)

国際共同研究プロジェクト
  1. Sakai Project (プロジェクト統括 : 八名和夫 工学部教授)
  2. Cornell大学、法政大学能楽研究所、IT研究センターとの国際共同プロジェクト
プロジェクト2 : ディスタンスラーニングプログラム
プロジェクトディレクター : 八名和夫 工学部教授

インターネットを用いた遠隔講義の実施・支援のための各種システムの技術開発を行うとともに、国際的な遠隔教育プログラムを企画・推進・実施した。

  1. UC Davis とのE-Classの実施 : 4月5日~6月7日、10月4日~12月6日
  2. 国際遠隔講座:福祉工学 : 9月22日~1月15日
  3. 工学部システムデザイン学科公開科目「国際会計学」 : 9月17日~1月17日
  4. IGISパイロットモデル授業 : 6月24日
  5. 自動字幕提示システムの開発
プロジェクト3 : 国際会議及び遠隔シンポジウム・セミナーの開催
プロジェクトディレクター : 清原孟 アメリカ研究所 所長

国際会議の開催、会議のインターネットによるストリーミング配信、遠隔セッション企画を行った。また、BusinessとITに関する最先端の話題をとりあげたシンポジウム・セミナーをアメリカ研究所・法政大学・諸外国の他機関をインターネットで結び実施した。

  1. RO-MAN2005の遠隔セッション・ストリーミング配信 : 8月13日~15日
  2. BSI2005の遠隔セッション・ストリーミング配信 : 9月6日~8日
  3. CJKV日中韓越情報処理の現状及び将来 : 5月28日
  4. Sakaiプロジェクト研究開発状況について : 9月16日
  5. FD-ファカルティ・ディベロップメント-体験公開 : 3月4日
  6. 現代GPフォーラムE-learningとGlobalization : 3月18日
プロジェクト4 : プレMBAプログラム実施
プログラムディレクター : 柳沼寿 経営学部教授

アメリカ研究所からリアルタイムで講義の配信を行い、配信した授業内容のデジタルコンテンツ作成・蓄積をIT研究センターと共同で行った。

  1. 配信科目 (3科目)
    1. Managing Marketing : 9月10日~10月29日
    2. Business and Society : 11月4日~1月14日
    3. Financial Accounting : 1月21日~3月18日
  2. プレMBA受講生への進学相談等の支援
プロジェクト5 : K-12バーチャルスクールプログラム
プログラムディレクター : 小林尚登 工学部教授

ITを活用した初等・中等教育プログラムの開発を行った。

  1. 高校生のための英語とIT研修プログラムの実施 : 7月15日~8月8日
  2. 法政大学3付属高校と米国カリフォルニア州Mills高校との交流会 : 6月11日

理事会構成

理事長 平林千牧(法政大学総長)
所長 清原孟 経済学部教授
理事 武田洋 法政大学常務理事
小林尚登 工学部教授
八名和夫 工学部教授
松本孝利 アカデミーキャピタルインベストメント株式会社代表取締役社長
Bernard Roth スタンフォード大学教授
W. Earl Hall / Hall & Associates Inc. President/CEO
Peter C. C. Wang / 元U. S. Naval Postgraduate School 教授
財務役 奥竹一平
秘書役 内田のりお

理事会の開催

第9回理事会 7月16日
議題 2004年度業務報告について
理事の辞任・新理事候補者の提案について
2005年度事業計画について
現代GP銀行口座開設について

スタッフ

所長 清原孟 経済学部教授
研究員 Ivan Ho
Billy Pham
事務 戸田京子
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22