2002年度事業報告

1. プロジェクトA:工学分野における国際共同研究の推進
  1. 排気ガスの生体に対する影響に関する研究
    ミラノ工科大学・米国環境省・日本自動車工業会との共同研究
  2. ロボティクス研究
    VA Rehabilitation Research and Development Center, Palo Alto, USAとの共同研究
    <特許取得>

    “Robot Bed”, Filing Date: Sept. 19th 2002. Filing No.:10/24,260

    <主な研究論文>
    1. Development of mobile system using leg-type crawler for raugh terrain, Proceedings of 5th International Conference on Climbing and Walking Robots, 2002
    2. Cooperative Motion Planning for Dual Arm Robot to Demonstrate Human Arm Movementsモ 10th International Workshop on Human Robot Interactive Communication, pp.345-351, 2002
    3. Effects of Kanto-Loam Soil as a Component of Particulate Air Pollution on the Heart Rate Variability in Rats, Proceedings of the 4th International Workshop on Biosignal Interpretation, June 24-26th, Villa Olmo, Como, Italy, 2002
    4. A Realization of Multilingual Collaborative Learning Environment, Proceedings of the eighth international Conference on Distributed Multimedia Systems. Sept. 26-28, 2002, San Francisco, CA, 2002
    5. An Optimal Term Selection Scheme for Volterra System Model Applied to the Analysis of Heart Rate Fluctuations, Proceedings of the Second Joint EMBS-BMES Conference, October 23-26, Houston, Texas, 2002
    6. A Unified Framework for Software Development, Proceedings of 2002 International Symposium Cyber Worlds: Theory and Practices, November 6-8, Tokyo, 2002.
    7. 条件付システム非線形度とその心拍変動解析への応用, 電子情報通信学会論文誌 , 2002.
    8. Online Multimedia Classroom over Internet, Japan Korea Joint Workshop on Information and Mechatronics Technologies for Better Human Lives 2002 Pohang Korea, 2002.
    9. Decomposition of Network Traffic of Dialup Access into Trend and Periodic Component Based on Nonstationary Bayesian Mode, SICE, 2003
  3. 受託研究
    ディーゼル排気ガスの生体影響に関する研究(特殊な心機能の解析)
2. プロジェクトB:ソフトウェア開発手法に関わる研究

マルチリンガルコラボレーションシステムの開発。インターネット上のコミュニティーサーバを構築し、(1)翻訳機能付きフォーラム(2)電子メールの翻訳機能(3)Web翻訳機能(4)翻訳機能付きメッセンジャーサービスの機能の付加(5)低遅延ストリーミング遠隔講義システムの開発。

3. プロジェクトC:工学分野における国際会議企画・実施

Business and ITに関する最先端の講義をアメリカ研究所から法政大学へインターネット中継する。

  1. 「大学におけるこれからのeLearning」
    6月21日:Prof .Roger Schanck(Carnegie Mellon University)
  2. 「ベルリン自由大学のeLearaningの事例報告」
    8月9日:Prof. Raul Rajas (Berlin Free Univ.)
  3. 〔e-Chalkシステムについて〕 12月10日:Prof. Raul Rajas (Berlin Free Univ.)
  4. 東京医科大学との国際遠隔講座:12月20日
  5. 「Biotech Japan」JETROと共催:2003年1月21日
  6. 「米国のIT産業の現状、特にシリコンバレーを中心に」2003年3月20日:中山亨(ジェトロサンフランシスコ次長)
4. カリフォルニア州立大学ヘイワード校提携プレMBAプログラムの実施及び遠隔講義の実施
■ プレMBA講座受講学生対象大学院レベル講義
  • Jeffery Newcomb: Managing Marketing (MKT6005)
    6縲鰀7月/11縲鰀1月(32時間/32時間)
  • Duane Lambert: Business and Society (MGT 6050)
    8縲鰀9月/2縲鰀3月(32時間/32時間)

■ プレMBA講座受講学生対象大学レベル講義
  • Tom Roby: Business Mathematics 10月 (6時間)
  • 八名和夫: Business Statistics 10月縲鰀11月 (6時間)
5. プロジェクトE:カリフォルニア州立大学ヘイワード校提携MBA4+1プログラムの実施
6. プロジェクトF:初等中等教育の現代化に関する研究

JAVA技術を用いた数学教育のためのインタラクティブプログラムデータベース構築

7. プロジェクトG:バーチャルユニバーシティ関連システム開発

マルティキャスト技術を用いた新しい双方向遠隔講義システムの実証実験を行う。
法政大学工学部2年生、3年生を対象とした「確率論」の授業を毎週アメリカ研究所から小金井西館1階「マルティメディアホール」に配信し、システム評価を行った。

8. 特別事業「インターネットを用いた国際遠隔講義・セミナーの実施」
  • The 8th International Conference on Distributed Multimedia Systems DMS 2002, Redwood City, CA USA September 26-28,2002 共催
  • Dr. Ruspini (SRI International Fellow, IEEE Neural Network Society Past President) の講演 Recent Application of Soft Computing in Artificial Intelligence をネットワーク配信
9. その他、地域社会への支援活動として、法政大学後援会サンフランシスコ支部への運営支援
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22