法政大学情報技術(IT)研究センター公開セミナ-

米国リテラシー教育事情 2009.07.09

Supporting Struggling Students in Math and Science
講演概要

セミナー景

コネチカット大学は、"Quantitative(Q) Competency"と呼ばれるコース群から2~3コマ単位を取得するようすべての学生に義務づけている。このコースを「Qコース」と称し、数学、物理学、科学、統計学、経済学、工学の分野を網羅している。そして、「コースの総体的な部分として基本的な代数学についての数学や統計学の知識と実践」に評価基準を置き、Qコースに関する学生・教員のサポートをQラーニング・センターが担っている。

Qセンターには、チューターの指導を受けられるサービスがあり、理数学コースの代数学に奮闘する学生たちをチューターがサポートしている。このチューター制度の利用は劇的に増加し、2005年秋は、600名だった学生の訪問が2007年の秋には700名となり、学習が困難な学生たちに役立っている。

特に、インターネットによる自宅学習への移行と言ったどんな小さな教育モジュールの変化においても、学生のパターンや関心度に重要な影響をもたらしているかをコネチカット大学のQセンターの事例を取り上げながら米国の教育事情について講演する。

1. 日時 2009年7月9日(木) 2時限目(11:10~12:40)
2. 場所 法政大学 九段校舎1階 遠隔講義室1
3. 定員・参加費 30名・無料
4. 講師 Tom Roby 博士(コネチカット大学准教授)
コネチカット大学Quantitative Learning Center ディレクター
MITで数学の単位を取得、東大に学振研究員として来日経験がある。
5. 主催 法政大学情報技術(IT)研究センター
6. 申込方法 所属・氏名・連絡先(内線番号等) を記載の上、E-mailにてお申し込みください。
7. 問合せ先 法政大学情報技術(IT)研究センター
TEL:03-3264-9935  FAX:03-3264-9287
E-mail :こちらのリンクよりお問い合わせください。
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22