法政大学 情報技術(IT)研究センター・ミニシンポジウム

Product Design for Sustainable Growth 2009.01.15

講演概要

環境問題の深刻化や経済情勢の悪化に伴う社会要請や消費行動の変化などを受け、企業は今、製品開発・プロダクトデザインの在り方の再考を迫られている。こうした状況に効果的に対処するためには、今後は単なるハードウェアの量的供給から、本当に求められている機能を提供することにより質的満足度を高めることが求められる。

本講演では、日本及びスウェーデンより4名の講師を招き、プロダクト・サービス・システム(PSS)の視点から消費と生産の両面において持続可能な成長を目指したプロダクトデザインについて議論します。ご関心のある方は是非ご参加ください。

*なお、報告・質疑応答の一部は英語で行いますが、同時通訳による日本語の視聴が可能です。

1. 日時 2009年1月15日(木) 18:00~20:00
2. 場所 法政大学九段校舎3階 遠隔講義室2
3. 定員・参加費 70名・無料
4. プログラム
18:00~18:05 開会挨拶 小林尚登
(法政大学情報技術(IT)研究センター副所長、法政大学 デザイン工学部教授)
18:05~18:25 講演1 Prof. Tobias C. Larsson
Division of Functional Product Development, Lulea University of Technology, Sweden
18:25~18:45 講演2 下村芳樹 (首都大学東京 システムデザイン学部教授)
18:45~19:05 講演3 Dr. Andreas Larsson
Division of Functional Product Development, Lulea University of Technology, Sweden
19:05~19:25 講演4 佐藤康三 (法政大学 デザイン工学部教授)
19:25~19:45 パネルディスカッション コーディネーター
クロード P. シーゲンターラー
(法政大学人間環境学部准教授、法政大学ヨーロッパ研究センター(チューリッヒ)副所長)
19:45~20:00 質疑応答
5. 共催 法政大学ヨーロッパ研究センター(チューリッヒ)
法政大学ヨーロッパ研究センター
国際交流センター
6. 申込方法 所属・氏名・連絡先(内線番号等) を記載の上、E-mailにてお申し込みください。
7. 問合せ先 法政大学情報技術(IT)研究センター
TEL:03-3264-9935  FAX:03-3264-9287
E-mail :こちらのリンクよりお問い合わせください。
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22