法政大学理工学部機械工学科航空操縦学専修開設記念シンポジウム ライブストリーミング配信

「航空ルネッサンス 日本の空の明日を考える」 2007.12.01


シンポジウム会場の様子

会場に掲示されたポスター

冨田国土交通省航空局技術部乗員課課長、日本の航空事情を語る

佐々木福島県航空担当理事から歓迎のメッセージが送られました

工学部の改編について語る大澤工学部長

理工学部長就任予定の八名教授

法政大学では、2008年4月より発足する理工学部機械工学科 において、国内でのパイロット養成に取り組む「航空操縦学専修」 を開設することとなりました。

これを記念し、12月1日(土)、市ケ谷キャンパスの外濠校舎6階 薩埵ホールにて「航空ルネッサンス 日本の空の明日を考える」 と題するシンポジウムを開催し、250人の方にご参加いただきました。

当日は、御法川学工学部准教授の司会のもと、武田洋常務理事によるあいさつでシンポジウムが幕を開けました。

武田常務理事から、本学の航空操縦学専修が意図する教育目標とその意義について紹介があった後、引き続き、国土交通省航空局技術部乗員課課長の冨田博明氏により「日本の航空需要とパイロット供給体制について」と題する基調講演が行われ、今後の日本の航空需要の予測とそれに伴うパイロット不足についての提言がありました

さらに、日本航空執行役員運航本部副本部長の高橋淑夫氏の講演「エアラインにおけるパイロット需要」、三菱重工業株式会社名古屋航空宇宙システム製作所民間機技術部次長の河村文博氏の講演「最近の民間航空機開発の現状-MRJ開発状況-」があり、それぞれの見地から日本の航空業界の展望と将来像について、具体像が提示されました。

コーヒーブレイクをはさみ、福島県空港担当理事の佐々木宗人氏 の講演「空港を活用した地域活性化について-パイロット養成 事業に期待すること-」、株式会社アルファーアビエィション 専務取締役の齋藤健司氏の講演「国内における民間パイロット養成」、大澤泰明工学部長の講演「法政大学におけるパイロット養成プログラム」が行われました。各講演では、福島県、ならびに地元自治体からの期待、日本国内のパイロット養成に関する現状、1931年の「青年日本号」の訪欧飛行からはじまる本学航空関連の歴史と航空操縦学専修の教育プログラムの概要が述べられました。

経済産業省製造産業局航空機武器宇宙産業課課長の片瀬裕文氏の講演「日本の航空機産業の将来」では、世界の航空機産業における日本のメーカーが占める地位、およびエンジニアとパイロット双方を育てる航空操縦学専修の新しい試みへの期待感が表明されました。

最後に、理工学部長(就任予定)の八名和夫工学部教授より、 本シンポジウムの成果、航空操縦学の人材育成の重要性と本学が 担う役割について提言があり、全体を締めくくりました。

シンポジウム後の懇親会には、約100人の方が参加されました。 シンポジウムでの談論風発がそのままに、懇親会でも活発な議論が あちらこちらで行われ、盛況のうちに幕を閉じました。


» 当日のプログラムはこちらをご覧ください
» 青年日本号の訪欧飛行についてはこちらをご覧ください

撮影場所/市ケ谷キャンパス

  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22