法政大学チューリッヒ研究センター開所記念国際シンポジウム

日瑞間における学術交流の展望 2007.06.08

―法政大学・スイス連邦工科大学の学術交流の事例から―
講演概要

法政大学はヨーロッパにおける海外研究拠点として、2007年4月に法政大学チューリッヒ研究センターを設置いたしました。

本シンポジウムは、これまでのスイス連邦工科大学チューリッヒ校との学術連携・共同教育プログラムの事例報告を行い、今後の両大学間の学術連携の可能性および日瑞間の学術交流について展望します。

本シンポジウムは、日瑞間をリアルタイム遠隔講義システムを使用して行います。講演は英語で行いますが、日本会場は、同時通訳による日本語での視聴が可能です。

1. 日時 2007年6月8日(金) 16:30~18:50
2. 場所 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階スカイホール【日本会場】
スイス連邦工科大学チューリッヒ校 遠隔セミナー室【スイス会場】
3. プログラム 06:30(09:30=スイス時間)祝辞
16:35(09:35)Hans Rudolf Thierstein氏(スイス連邦工科大学副学長)(スイス)
16:40(09:40)平林千牧(法政大学総長)(日本)
16:45(09:45)阿部信康氏(在スイス日本大使)(スイス)
16:55(09:55)Paul Fivat氏(在日本スイス大使)(日本)
17:05(10:05)日本・スイス間の科学分野における交流の状況
17:05(10:05)Claudio Fischer氏(Head of Bilateral Research Cooperation, State Secretariat for Education and Research (SER) )(スイス)
17:15(10:15)原山優子氏(東北大学大学院工学研究科教授、総合科学技術会議知的財産戦略専門調査会評価専門調査会委員)(スイス)
17:30(10:30)Hans Rudolf Thierstein氏(スイス連邦工科副学長)(スイス)
17:45(10:45)柳沼寿(法政大学常務理事・経営学部教授)(スイス)
18:00(11:00)日本・スイス間学術交流の現状と今後の展開
18:00(11:00)Martin Zulliger氏(SCANCO Medical AG, Basserdoef)(スイス)
18:10(11:10)田口博雄(法政大学社会学部教授)(日本)
18:20(11:20)Felix Moesner氏(在日本スイス大使館科学技術専門参事官)(スイス)
18:30(12:30)Claude Patrick Siegenthaler(法政大学チューリッヒ研究センターディレクター・人間環境学部准教授)
コーディネーター(日本会場):岡本義行(法政大学地域研究センター副所長・大学院イノベーションマネジメント研究科教授)
コーディネーター(スイス会場):Claude Patrick Siegenthaler(法政大学チューリッヒ研究センターディレクター・人間環境学部准教授)
4. 参加費 無料
5. 申込方法 所属・氏名・氏名フリガナ・連絡先(内線番号等)を記載の上、下記IT研究センター宛までEメールにてお申込みください。
6. 問い合わせ先 法政大学情報技術(IT)研究センター
TEL:03-3264-9935  FAX:03-3264-9287
E-mail :こちらのリンクよりお問い合わせください。
7. 主催・共催 法政大学・法政大学チューリッヒ研究センター(HERZ)・スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22