法政大学IT研究センター主催 第6回公開講座

「エグゼクティブセミナーシリーズ:IT・グローバル化時代の企業経営」 2006.03.07

M&A時代のコーポレートガヴァナンス
講演内容

法政大学IT研究センターは、2001年度開設以来、「ベンチャーとITビジネス」に関する公開講座を実施しています。本年度は、当研究センター学術担当教授と顧問を迎えて、専門家の立場から7回にわたり「エグゼクティブセミナーシリーズ」と題して、グローバル化した企業経営を取り巻く環境が直面している様々な課題、問題点について、解説・問題提起します。

1.日時 3月7日(火) 18:00 受付開始、18:30~20:00 講演と質疑応答
20:00~21:00 名刺交換会
*名刺交換会は、一般社会人の方々を対象とさせていただきます
2.場所 法政大学 九段校舎3階 遠隔講義室2
3.講演者 品川萬里 氏
[プロフィール] しながわ まさと
東京大学法学部政治学科卒業。1967年郵政省入省後、1999年郵政審議官。退官後、財団法人日本ITU協会理事長、株式会社NTTデータ代表取締役副社長を歴任。主なプロジェクトとして、「1985年前後のNTT改革」、「地上波放送デジタル化プロジェクト」、「郵便貯金ATM網開放.郵便貯金運用枠拡大」に携わる一方、大阪大学客員教授として大学院国際公共政策研究科にて3年間教鞭をとる。
現在、日本コーディアル証券株式会社顧問、筑波技術大学経営協議会委員、法政大学情報技術(IT)研究センター学術担当教授。
[講演要旨]
企業経営も行政も単体経営から連結経営、M&A(町村合併!)の時代、行政のパラダイムも経営のパラダイムも大きな転換期にあります。他方、これを可能にしている*ICT(デジタル化、オープン化、ネット化)と金融システム(Securitization)があります。これを支えるDejure Standard(新会社法、**IFRS)も変わろうとしています。そこで、M&A、ICT、Securitizationを切り口にして情報通信行政、ボードメンバー、セキュリティの経験をもとにコーポレートガヴァナンスの検証と展望を行います。
*ICT:Information and Communication Technology
**IFRS:International Financial Reporting Standards
4.対象者 一般社会人の方及び法政大学教職員及び学生(定員30名:先着順)
5.参加費 一般5,000円、 本学プレMBA講座修了生・受講生、本学在学生1,000円
6.受講申込み方法 所属・氏名(フリガナ)・連絡先を記載の上、下記IT研究センター宛までEメールあるいはFaxにてお申込みください。追ってご案内を差し上げます。
7.問い合わせ先 法政大学情報技術(IT)研究センター
TEL:03-3264-9935  FAX:03-3264-9287
E-mail :こちらのリンクよりお問い合わせください。
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22