法政大学IT研究センター・法政大学アメリカ研究所共催 第2回公開講演会

CJKV日中韓越情報処理の現状及び将来について 2005.05.28

講演概要

ソフトウェアの日本語化に携わる技術者に必須のバイブル「日本語情報処理」 の著者Ken Lunde氏をお招きします。その表紙の絵から「フグ本」と呼ばれる「日本語情報処理」の1993年の出版は、コンピュータの世界ではまだまだ英語しか考慮されていなかったといっても過言ではなかった当時、日本語情報処理の歴史上画期的な事件でした。

その続編「CJKV日中韓越情報処理」では、日本語に加え中国語、韓国語、ベトナム語をコンピュータで 処理する方法について包括的に解説され、マルチバイト言語処理の教科書として世界中の技術者に広く利用されています。

講演では、マルチバイト言語処理のイロハに加え、中国政府によりサポートが義務付けられ、最近話題 になっているGB18030-2000のトピックをカバーし、巨大市場への成長が期待される中国、韓国、ベトナムにおいて言語処理はアプリケーションビジネス参入障壁についての提言も行う予定です。

※講演は、英語で行いますが、質疑応答は日本語で可能です。

1.日時 【日本時間】5月28日(土)10:30:開場、11:00~12:00:講演、12:00~12:30: Q&A
【米国時間】5月27日(金)18:30:開場、19:00~20:00:講演、20:00~20:30: Q&A
2.場所 法政大学 九段校舎3階 遠隔講義室2 及び 法政大学アメリカ研究所#518
(H323方式による遠隔会議システムを使用します)
3.講演者 Dr. Ken Lunde
(Adobe Systems Incorporated)
Ken Lunde was born in 1965 in Madison, Wisconsin, grew up in Mount Horeb, Wisconsin, and entered the University of Wisconsin-Madison in 1985 . He graduated with a Bachelor of Arts degree in linguistics in 1987. He received his Master of Arts degree in linguistics in 1988.
He finally received his Doctor of Philosophy degree in linguistics in 1994, and his dissertation was entitled "Prescriptive Kanji Simplification." He joined Adobe Systems Incorporated in 1991, and is currently Senior Computer Scientist, CJKV Type Development.
http://www.pro.or.jp/~fuji/computerbooks/japinfopro/japanese.ken.html
著作等:代表的著作:「Cjkv Information Processing」(1998),「Understanding Japanese Information Processing」(1993)等。
4.対象者 一般社会人の方及び法政大学教職員及び学生(定員80名:先着順)
5.参加費 無料
6.受講申込み方法 所属・氏名(フリガナ)・連絡先を記載の上、下記IT研究センター宛までEメールあるいはFaxにてお申込みください。追ってご案内を差し上げます。
7.問い合わせ先 法政大学情報技術(IT)研究センター
TEL:03-3264-9935  FAX:03-3264-9287
E-mail :こちらのリンクよりお問い合わせください。
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22