法政大学IT研究センター・法政大学アメリカ研究所共催 BIT (Business and IT) セミナー

「遠隔講義支援システム(e-chalk)について」 2002.12.12

内容

Rojas(ロハ)教授はベルリン自由大学のコンピュータサイエンス学科の教授で、現在スタンフォード大学の客員教授として在米されています。 遠隔教育に造詣が深く、ご自身も遠隔教育用のe-chalkと呼ぶソフトを開発されています。

このソフトは、白板共有などの他Mathematicaを埋め込み結果を表示する機能、手書き文字の認識機能などすぐれた機能を持っています。

Javaで書かれているため受講者はウェブブラウザのみが必要で特別なソフトは不要です。 8月にベルリンから一度遠隔でご講演頂いたのですが、改めて講演を企画させて頂きました。

1.日時 2002年12月12日(木) 12:30~13:30(予定)
2.場所 法政大学アメリカ研究所(HURIC)(基点)
法政大学九段校舎一階遠隔講義室
法政大学多摩キャンパス 総合棟4階第3会議室C
法政大学小金井キャンパス 西館地下1階マルチメディアホール
3.講演者 Prof. Raul Rojas
athematics of Computer Science Faculty of Mathmatics of Informatik Institute for Informatik/Computer Science Professor of Artificial Intelleegence Freie Universitaet Berlin.
(ベルリン自由大学は、学生数43,000名、教員数約500名、12学部約100学科、インキュベータとして、ベンチャー育成に寄与。92カ国の大学と交流)
HP : http://www.fu-berlin.de/en
4.参加費 無料
5.受講申込み方法 所属・氏名・連絡先(内線番号等)を記載の上、下記IT研究センター宛までEメールにてお申込みください。
6.問い合わせ先 法政大学情報技術(IT)研究センター
TEL:03-3264-9935  FAX:03-3264-9287
E-mail :こちらのリンクよりお問い合わせください。
  1. Managerial Accounting
    2007.04.21/06.02
  2. Financial Decisions
    2007.06.09/07.28
  3. Organization and Management
    2007.08.04/09.22