HOME  |  ENGLISH

JSPS-NRFアジア学術セミナー2012

開催概要

開催概要

独立行政法人日本学術振興会(JSPS)、学校法人法政大学(HOSEI)、韓国研究財団(NRF)及び韓国科学技術院(KAIST)の4機関は、平成24年8月26日(日)〜31日(金)の6日間の日程で、日本・札幌及び東京にて「JSPS-NRFアジア学術セミナー2012」を開催しました。

既に超高齢社会に突入した日本のみならず、韓国においても高齢化は年々加速しています。これまでも両国においては、さまざまな高齢者支援技術の開発やスマートハウス、スマートシティなどの実証実験が行われていますが、両国の抱えるこうした問題への対応は、高齢者支援技術を開発する研究者や開発者のみならず、国や行政といった制度面での対応や、さまざまな分野の専門家からの知見が必要となります。研究開発にあたっては、開発コストの低減や普及の加速を図るために、ユーザを巻き込んだNeed-FindingやDesign Thinking、Multi-Disciplinary Approachといったコンセプトの重要性を認識することが求められます。また、多くの地域および国が連携することにより、ユーザの母数が増加して、その研究開発に社会資本を投下する妥当性が生まる一方、異なる文化背景や社会制度等への適合(Adjustment)も重要となります。

本セミナーでは、高齢者支援技術分野における学術研究の先端を学ぶという側面と同時に、研究方向、研究方法、その評価について、それらがどうあるべきか考える機会を研究者に与えることを目的としています。このセミナーから得られた刺激をもとに、新しい研究テーマが見つかり、その成果が社会に貢献することを期待しています。

セミナー開催期間

平成24年8月26日(日)〜 31日(金) / 6日間

会場

札幌会場
札幌プリンスホテル(北海道札幌市)
東京会場
品川プリンスホテル、八芳園(東京都港区)

共催

  • 独立行政法人日本学術振興会(JSPS)
  • 学校法人法政大学(HOSEI)
  • 韓国研究財団(NRF)
  • 韓国科学技術院(KAIST)

日程

8月26日(日)ウェルカムレセプション
8月27日(月)午前
午後
セミナー(講演1, 2)
グループディスカッション(1, 2) (課題説明等)
セミナー(講演3, 4)
8月28日(火)午前
午後
セミナー(講演5, 6)
フィールドワーク(札幌市内の医療福祉施設見学およびインタビュー、ニーズ調査)
グループディスカッション(3)
8月29日(水)午前
午後
セミナー(講演7, 8)
グループディスカッション(4)
セミナー(講演9)
8月30日(木)午前

午後
セミナー(講演10)
グループディスカッション(5)
都心へ移動
グループディスカッション(6)
8月31日(金)午前
午後
各プロジェクトグループによる最終発表
記念講演会および懇親会
時間割午前:9:00~11:45
午後:13:00~17:00(20:00~22:00)
※ 詳細はこちらをご覧ください。

参加者

講師10名(日本:4名、韓国:5名、シンガポール:1名)
※ 詳細はこちらをご覧ください。

受講者

29名(日本:12名、韓国15名、シンガポール:2名)
日本及びアジア諸国の大学・研究機関に在籍する若手研究者および大学院博士後期課程の学生、または研究職にある若手研究者(技官及び民間等の研究者は対象としない)
※ 詳細はこちらをご覧ください。
Copyright (c) Hosei University. All rights reserved.